震災被災地への寄贈活動

平成23年3月11日に発生した東日本大震災が引き起こした大津波の被害を受け、大量の木材が瓦礫となりました。
「瓦礫に新たな命を吹き込みたい」と瓦礫となった杉材を使ってトンボが作られました。
このトンボを通じ、地域産業や復興の応援につながればと、アイアイでは、平成26年・平成27年にこのトンボ250本を購入し、福島市内の中学校などに寄贈して以降、毎年被災地やご縁のある学校・野球チーム等、各地に寄贈活動を継続して行っております。

トンボを使用することで、この震災を風化させず、野球が出来ることへの幸せを感じていただければと思います。

支援の取り組み

初年度 平成23年(2011年) 100万円寄付(東日本大震災義援金)
2年目 平成24年(2012年) 遊具 寄贈(岩手県・大槌小学校)
3年目 平成25年(2013年) 遊具 寄贈(福島県・ふくしま北中央公園)
4年目 平成26年(2014年) トンボ250本 寄贈(福島市、他)
5年目 平成27年(2015年) トンボ250本 寄贈(福島市、他)
6年目 平成28年(2016年) トンボ260本 寄贈(福島市、他)
トンボ120本 寄贈(熊本県と大分県のボーイズリーグチーム)
7年目 平成29年(2017年) トンボ245本寄贈(福岡県のボーイズリーグチーム)
8年目 平成30年(2018年) トンボ180本寄贈(アイアイ野球部員の母校、他少年野球チーム)
9年目 令和元年(2019年) トンボ100本寄贈(東京都・長野県他ボーイズリーグチーム)

平成24年9月9日 大槌小学校

遊具寄贈プレート

平成25年11月15日 ふくしま北中央公園


東日本大震災の津波の被害を受け瓦礫となった杉材

平成27年4月24日 福島市役所(寄贈式)

平成28年9月17日 熊本ボーイズリーグチーム